数理科学研究会とは?

数理科学研究会は、数理科学に関するテーマを芝浦祭やサイエンスインカレで研究発表することを目的としたサークルです。その他にも「大学院入試対策のゼミ」「アクチュアリー資格試験対策のゼミ」も行っています。特にアクチュアリーについては、毎年数人の一次試験の1〜2科目合格者を出すことを目標にしています。

活動内容

・通常活動
学年ごとに本を決めて輪講します。これは各々の研究あるいは授業内容の理解を深めることを目的として行われています。 さらに、先輩が後輩に向けてテスト対策講座を行うこともあります。また、研究の中間報告を月に一度行うことで進捗の確認や研究に関する知識の共有などを行います。

・休暇中の活動
各々の研究に加えて自分の受講した数理科学の講義を一つ選択し、授業の内容をまとめたプリントを制作して解説発表を行います。また、希望者でセミナーを開催することもあります。 (過去には夏季休暇と春期休暇に幾何学セミナーを行いました。)

※「大学院入試対策のゼミ」「アクチュアリー資格試験対策のゼミ」は通年で行っています。

入部資格

・やる気のある方
・常に連絡の取れる方
・時間厳守できる方

※特に1番目が大切です。これらの条件を満たせば数学が不得意でも入部できます。(もちろん自分が研究したい内容のレベルも関係ありません。)

部費

年間2000円と、活動する上で文書作成ソフトのTeXを使用するので、TeXの解説書を個人で購入していただきます。

スポンサー

数理科学研究会ではスポンサーを募集しています。 私たちは数学の基礎理論から応用まで、部員それぞれが研究活動(サークル活動)を行っています。 今日、年々の部員の増加に伴い、実験費等が足らず、満足に活動することが難しくなっています。 ご支援していただける企業様がおりましたら、下記の連絡先まで御一報ください。

連絡先:
数理科学科 3年 加藤 諒 : bv18025あっとshibaura-it.ac.jp
※あっとを@に直してメールをしてください

イベント

夏合宿(海または山)と冬合宿(スキー、スノーボード)を毎年行います。

inserted by FC2 system